株式会社見取コンサルタント

補償コンサルタント

公共事業の施行に伴い、公共用地の取得または建物等を移転する必要が生じた場合、その補償には適正な評価が必要です。
公共事業の施行に必要な土地・建物・庭木等の補償対象物の調査や、補償額の算定、補償内容について地権者に対する説明などを行うのが補償コンサルタントです。

補償コンサルタント業務の一連の流れ

・内容の説明(確認)
 国または地方公共団体等から公共事業の内容について説明を受けます。
          ⇩
・補償額算定のための調査業務
 土地に関する調査、建物・工作物・立木等に関する調査、事業損失調査(各業務内容は下記参照)
          ⇩
・補償額の算定
 土地または移転させる建物等についての様々な権利関係や内容、調査結果等に基づいて補償額の算定業務を行います。
          ⇩
・補償説明
 補償対象者へ補償内容等の説明を行います。

当社が行っている主な業務内容
土地調査部門

土地の所有者や権利者の氏名、住所、所在等に関する調査。
土地の境界線確認、土地の測量も行い平面図等を作成します。

物件部門

木造建物、一般工作物、立木等に関する調査及び補償金算定をします。
神社・仏閣等の複雑な構造を有する特殊建築物等も調査・算定が可能です。

事業損失部門

事業施工中または施行後の日陰等により生じる損害や工事振動等に起因して生じた建物等への損害等に関する事前事後調査や費用負担額の算定を行います。