株式会社見取コンサルタント

測量

測量は、私たちの生活と密接に関わっています。
『距離』『角度』『高さ』を用いて地球上の位置関係を測り、その結果を数値や地図に表す作業です。
土木設計、都市計画等、すべての事業を行うにあたり、必要となる作業です。

測量の種類
基本測量


国土地理院が行う全ての測量の基礎となる測量

公共測量


測量に要する費用の全部もしくは一部を国や地方公共団体が負担し実施する測量

基本測量・公共測量 以外の測量

基本測量、公共測量の測量成果を利用する測量で、法律で定めたものを省いた測量

測量作業の一連の流れ

・観測準備
 観測計画、現場での測点杭打ちなど
          
・観測作業
 測量機を使用して現場で実際の測量作業を行う。
          ⇩
・計算処理
 
観測作業の結果のデータを利用し、誤差や面積などの計算を行う。
          ⇩
・作図
 計算処理を利用し、結果を図面化する。

弊社で行っている主な業務内容
基準点測量

 すべての測量の基準となる測量で、ある既知点に基づき新たな基準点を設置し、その座標値を求めるための測量です。
精度や観測方法により1~4級基準点測量に分けられます。

路線測量

道路・鉄道などの交通路や河川・用排水路・上下水道などの水路を計画・設計するための調査や測量です。

地形測量

土地の起状の状況や、自然物及び人工物の位置と形状を測定し、地形図を作製することを目的とした測量です。
現在ではアリダードを用いた平板測量ではなく、TSやGPSを用いた数値地形測量が一般的となっています。

水準測量

2点以上の地点の標高差を求めるための測量です。
レベルと呼ばれる測量器と標尺(スタッフ)を用いて観測します。
精度により1~4級水準測量があります。

用地測量

土地及び用地境界(個人や管地等の筆界)について調査し、用地取得等に必要な資料及び図面等を作成する測量です。
土地の地権者等と立会いを行い、確定した用地境界を観測します。

河川・深浅測量

河川、貯水池、海岸において、GPS測位位置と音響測探機を用いて、水面から水底までの深さを測る作業です。

流量観測

河川計画の策定や、洪水予報のための基礎資料として河川の流量を計測します。
通常何年にも渡り継続観測します。

GNSS測量(旧GPS測量)

GPS、GLONASS、ガリレオなどのGNSS(全地球航法衛星システムまたは汎地球航法衛星システム)を用いて、位置、高さを求める測量です。
基準点、測点の2ヶ所にGNSS観測機を設置、GPS衛星などから発信される電波を受信して測定します。

地籍測量

それぞれの土地区分(一筆地)ごとにその位置、面積、形状を測量し、さらに所有者名などまで調査する測量作業をいいます。

工事測量

・丁張り(遣方)
「建物を建てるために施工する、基準となる仮設構造物」です。
具体的には「建物の水平方向の高さ」と「建物の配置」「壁・柱の位置」を規定します。