株式会社見取コンサルタント

社会資本整備


社会資本とは、私たちの日常生活や社会経済活動を支える基盤となる道路や橋、上下水道など暮らしに欠かせない構造物を設計することです。
「依頼者の困りごとを解決する仕事」で建設前の企画、調査、計画、設計などの仕事が建設コンサルタントのメインです。

街づくり・地域づくり
∼ 人々の暮らしを安心・安全かつ便利に ∼

人々の安心・安全で快適な暮らしを創造すると共に、地震や渇水に強いライフラインの整備設計。

道路
∼ 未来につながる道路設計 ∼

景観・環境・防災の視点から、地域のニーズに応じた利用しやすい安心・安全かつ日常生活・経済活動を支える道づくり。

河川・海岸
∼ 治水と環境づくり ∼

台風や豪雨による氾濫からの治水、身近な河川環境整備。

防災
∼ 自然災害等から生命や財産を守る ∼

地震、土砂崩れ、洪水、豪雨、多発する自然災害等から生命や財産を守るため、被害を最小限に抑制し、早急に復旧できる強さを備えた国土や地域を構築。

その他
∼ 高度な知識で確実に ∼

事業を進める上で不可欠な水質、地質・地盤の設計内容に応じた各種調査を行い、多くの役割を果たしています。